20 entrepreneurs meet 10 artists. 20 entrepreneurs meet 10 artists.

新型コロナウイルス感染症の影響により、当イベントは延期になりました。
今後の予定については決まり次第お知らせいたします。

20人の起業家と10人のアーティストが出会う。

20 entrepreneurs meet 10 artists.

アートな時代がそこまで来てる

21 世紀は正解のない時代です。 今までのような正解志向では課題解決も新しい価値想像できない時代がそこまで来ています。
この時代に新しい価値を創造するのはアーティストとアントレプレナー(起業家)です。 このイベントは異なる分野にいながらより良い社会を目指す両者の出会いの場を作と、協業のきっかけを作り、新しい価値を創造しようという試みです。イベントでのマッチングを通して起業家とアーティストが相互理解を深め、新しい分野のパートナーを見つけることができます。パートナーになったアーティストとアントレプレナーには、お互いのアートな思考とビジネスの思考を協働させ、アントレプレナーのもつ課題の解決に臨んでいただきます。 コンセプトメイキングやデザインなど、 私たちの想像を超える課題解決を期待します。そして、その活動を松戸スタートアップオフィスは支援します。

20人の起業家と
10人のアーティスト

ビジネスに興味のあるアーティストと、アーティストに興味のある起業家が集います。起業家も、アーティストも、どなたでもご参加いただけます。「私!興味ある」という方はフォームからお申し込み下さい。
※申込みが多数の場合は定員になり次第締め切りになります。

イベント概要

開催日時:2020年3月10日 18時~
申込期間:2020年2月29日まで
会場:松戸スタートアップオフィス
〒271-0092 千葉県松戸市松戸1307-1 松戸ビル13F
協力:PARADISE AIR

アクセスはこちら

起業家・アーティストへの支援

作品の展示

アーティストは松戸スタートアップオフィスの展示スペースに作品を展示することができます。※1年間の展示費用として2万円を進呈します。

課題解決支援

起業家とアーティストがチームになり、課題解決をする活動費として3万円を支援します。ただし、3万円を超える費用については起業家側の負担になります。

参加アーティスト

MiNanaka

アートユニット

MiNanakaはアーティスト安達七佳とプロデューサー多根井美那により設立され、2017年より企業や団体と協働でアートディレクションやデザインを行う。自由な発想と表現で人の”想い”や”情熱”をカタチにするべく、音楽、飲食、服飾、農業等多岐に渡る分野において国内外で活動する。

今和泉 隆行

空想地図作家

7歳の頃から実在しない都市の地図(空想地図)を描く。大学時代に47都道府県300都市を回って土地勘をつけ、地図デザイン、テレビドラマの地理監修・地図制作にも携わる。過去の出展は東京都現代美術館「ひろがる地図」(2019年)他。著書は「みんなの空想地図」「地図感覚から都市を読み解く」等。

今井 さつき

アーティスト

東京藝術大学大学院博士後期課程在籍中。研究内容は「鑑賞者の創作物が作品の一部となり集積・変遷を伴う参加型アート」で、鑑賞者が巨大な海苔巻きに巻かれる「人間ノリ巻き」や鑑賞者の作った花が山の景色を変えていく「はじまりのだいち」など、鑑賞者と共に新しい景色を作ることを目指しています。

加藤 康司

アーティスト

東京藝術大学大学院ク゛ローハ゛ルアートフ゜ラクティス専攻在籍。主に映像作品を制作し、さまさ゛まな政治的、社会的問題と自身との関係性を模索する。

カリヤタマキ

デザイナー・職人

テキスタイルを履くをテーマに、革にオリジナルデザインを加工した革靴を制作しています。靴が単に消費される対象から芸術として扱われる活動を推進していこうとしています。

森純平

建築家

1985年マレーシア生まれ。 建築家。2011年東京藝術大学大学院建築科卒業、在学時より建築から時間を考え続け、舞台美術、展覧会、コンサート等状況を生み出す現場に身を置きつづける。

ウチダリナ

アーティスト

1990年東京都生まれ、千葉育ち。2013年東京芸術大学美術学部デザイン科卒業。2016年東京芸術大学大学院美術研究科工芸科染織専攻修了。絵具などを使用せず、和紙を燃やした焦げの色を利用した作品などを手がけている。

じゅん/潤

さし絵ライター

事務職で働きつつイラスト描いています。現在はまだ仕事として活動できてはいませんがデッサン教室に通いつつ、イラストかいたりしていてそういう仕事ができたらと思い申込させていただきました。

coming soon

coming soon

coming soon

coming soon

ページトップへ戻る